先日、駒越富士見線にてサイトボックスを使用してみました。

新人教育・監督員立会(働き方改革をアピール)にて使用してみました。

参考までに、サイトボックスの情報提供です。

 

①下記のデキスパートメールデータを、取り込んで工事作成します。

駒越・メールデータ

※予め、出来形管理表と左官屋の撮影項目まで記載したツリーを作成してあります。

②取り込みましたら、KSデータバンクから、駒越の写真データを取り込みます。

③これで、出来形管理・写真管理の完了です。

驚くほど、簡単で時間短縮になります。

前準備に時間かかりますが、あとの処理はほとんどなくなります。

発注者による可否・画質や画素数、タブレット自体のバッテリーなど問題はあると思いますが、

使用する価値はあると思います。

予め、撮影箇所や、内容を明記することにより、新人でも間違いなく現場管理ができると思われます。

試してみてください。